珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

ミルクコーヒー

ミルクコーヒーの牛乳含量は50~60%で、それに脱脂乳・コーヒー抽出液・インスタントコーヒー・砂糖・ぶどう糖・香料・カラメルなどを添加します。 牛乳の淡白な風味に、コーヒーの素晴らしい風味が加わって、美味しい飲み物が出来上がります。

エカワ珈琲店が考える、コーヒー豆焙煎中に発生する化学反応

『エカワ珈琲店が考える、コーヒー豆焙煎中に発生する化学反応』を3回に分けてNoteにて、有料販売しています。 エカワ珈琲店は、「焙煎中に発生する化学反応」を制御して、自分好みの焙煎コーヒー豆に仕上げることをコーヒー豆の焙煎だと考えています。

【広告】楽天カードを使うようになった経緯

審査が通らず不便な生活をしていたエカワ珈琲店の店主が、約20年ぶりに手にしたクレジットカード

エカワ珈琲店がブラックコーヒーを好きな理由

ブラックコーヒーとホワイトコーヒーという言葉があります。 淹れたコーヒーにミルクや砂糖などの添加物を添加しないで、そのまま味わうコーヒーをブラックコーヒーと呼んでいます。 淹れたコーヒーにミルクやクリームなどの添加物を添加することで、そのコ…

エカワ珈琲店のコーヒー豆焙煎物語

小麦粉の生地からメンを作る時には、まずメン帯を作ってから、メン線を切り出すそうです。 その時の、メン帯・メン線の物理的な数値ですが、製造する規模によって違いが出てくると言われています。 小麦粉への加水量・添加物量など、俗にいうレシピを同じに…

混合焙煎(プレミックス焙煎)

ヨーロッパやアメリカでは、おそらく日本でもそうなのだと思いますが、中型や大型のコーヒー豆焙煎機でコーヒー豆を焙煎する場合、何種類かの銘柄のコーヒー生豆を焙煎前に混ぜ合わせて、それを何日間か保管して、混ぜ合わせたコーヒー生豆を、お互いに馴染…

コーヒーメーカーを使ってレストランのコーヒーを美味しくする方法

淹れたてが売り物のコンビニコーヒーが、街でコーヒーを飲む風景の定番となっていて、レストランやホテルの高級コーヒーよりも数倍美味しいと話題になっています。 何故、コンビニコーヒーが美味しくて、ホテルやレストランのコーヒーが美味しく無いのかとい…

焙煎とは何だ/エカワ珈琲店の焙煎理論

エカワ珈琲店がこれまでに積み重ねて来た焙煎に関係する知識・経験・技術を記事にして、note を通じて有料で販売しています。 エカワ珈琲店は、20数年もの年月を費やして、コーヒー豆焙煎に関係する知識・経験・技術を積み重ねて来ました。

スペシャリティーコーヒー豆の焙煎方法

コーヒー豆焙煎機のコーヒー豆焙煎処理能力やコーヒー豆を焙煎する技術ですが、20世紀の100年間で目覚ましい進歩を遂げて来たと考えられています。 特に、デジタルでコーヒー豆を焙煎処理する大型焙煎機の機能は、目覚ましい進歩を遂げたと考えられてい…

ウェットミル

コーヒー生豆の精製処理方法として、水洗式(ウォッシュド/ウェットプロセス)、非水洗式(アン・ウォッシュド/ドライプロセス)、水洗式と非水洗式のハイブリットである半水洗式(セミウォッシュド/セミ・ドライ・プロセス)の3通りの処理方法が知られていま…

珈琲用語/あ

エカワ珈琲店の独断と偏見で収集した珈琲用語を、エカワ珈琲店が独断と偏見で解釈した珈琲用語集です。 このページは、『あ』から始まる用語のページ(記事)へのリンク集です。 コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス) 作者: 旦部…

珈琲用語/い

このページは、『い』から始まる用語のページ(記事)へのリンク集です。 珈琲に関係する用語を、エカワ珈琲店が独断的に解釈した珈琲用語集です。 コーヒーの事典 作者: 日本コーヒー文化学会 出版社/メーカー: 柴田書店 発売日: 2001/12 メディア: 単行本 こ…

珈琲用語/う

珈琲に関係する用語を、エカワ珈琲店が独断と偏見で解釈していますが、少しは参考になるかもしれません。 このページは、『う』から始まる用語のページ(記事)へのリンク集です。 序説 珈琲学 作者: 友田五郎 出版社/メーカー: 光琳 発売日: 1987/04 メディア…

コーヒーサイフォン

蒸気圧を利用したフラスコ型のガラスの抽出器具で、ロート、フラスコ、フイルターなどで構成されています。 蒸気圧で、フラスコからロートへとお湯が上昇して、ロート内でコーヒーの粉と接触して、それが再び、下のフラスコに落ちてくるという抽出器具です。

珈琲用語/え

エカワ珈琲店の独断と偏見で収集した珈琲用語を、エカワ珈琲店が独断と偏見で解釈しています。よろしければ、参考にして下さい。 このページのリンクは、『え』から始まる用語へのリンク集です。 コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために 作者: …