読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

焙煎とは何だ/エカワ珈琲店の焙煎理論

エカワ珈琲店がこれまでに積み重ねて来た焙煎に関係する知識・経験・技術を記事にして、note を通じて有料で販売しています。 エカワ珈琲店は、20数年もの年月を費やして、コーヒー豆焙煎に関係する知識・経験・技術を積み重ねて来ました。

コーヒー生豆の処理工程

コーヒーの果実とそれらの種子は、一般的に知られている焙煎されたコーヒー豆になるまでに、幾つかの処理工程を経験しています。 コーヒーの果実を摘み取る作業ですが、労働集約型の手作業による収穫方法と機械などを使って効率的に収穫する方法が知られてい…

コーヒーノキ

コーヒーは、世界の70か国以上の国々で生産されています。 世界の国々の3分の1の国が、第1次産品であるコーヒーを生産しているということで、それだけの需要が存在しているのだと思います。

エカワの珈琲論、「コーヒーの香りと味について」

エカワ珈琲店がnote で有料販売している『コーヒーの香りと味に関する記事』の一覧です。 購入の参考にして頂ければ幸いです。 コーヒーの苦味の感じ方と苦味について色々と・・・ コーヒーアロマ/コーヒーの香り 中煎りコーヒーの苦味の原因物質と深煎りコ…

エカワの珈琲論、「コーヒー概論」

エカワ珈琲店がnote で有料販売している「コーヒーについて、このように考えています」という記事の一覧です。 記事は全て、一部分だけ無料で公開していて、残りの部分は有料で購入して頂くシステムになっています。 ご購入して頂ければ幸いです。 エカワ珈…

エカワの珈琲論、「コーヒーの淹れ方、抽出について」

エカワ珈琲店がnote で有料販売している「コーヒーの淹れ方、抽出について、このように考えています」という記事の一覧です。 記事は全て、一部分だけ無料で公開していて、残りの部分は有料で購入して頂くシステムになっています。 ご購入して頂ければ幸いで…

エカワの珈琲論、「コーヒー生豆について」

エカワ珈琲店がnote で有料販売している「コーヒー生豆について、このように考えています」という記事の一覧です。 記事は全て、一部分だけ無料で公開していて、残りの部分は有料で購入して頂くシステムになっています。 ご購入して頂ければ幸いです。

エカワの珈琲論、「焙煎コーヒー豆について」

エカワ珈琲店がnote で有料販売している『焙煎コーヒー豆に関する記事』の一覧です。 購入の参考にして頂ければ幸いです。 焙煎コーヒー豆のシェルフライフ(食品寿命) エカワ珈琲店流、フレーバーコーヒー豆製造方法 二酸化炭素ガスが、焙煎コーヒー豆のシェ…

コーヒーノキの病気と霜害

コーヒーの病気は、知られているだけで300数十種類を超えていると思われます。 その中でも、最も大きな被害を及ぼしている最悪の病気は、さび病菌「ヘミレア(Hemileia vastarix)」による葉さび病(Coffee Leaf Rust)だと言われています。

栽培適地

アラビカ種やロブスタ種といったコーヒーの樹の栽培原種(品種)は、世界各地の栽培適地に移植されて、それぞれの土地の気候風土に適するように栽培方法の改良・工夫がなされています。 コーヒーノキの栽培には、肥沃な水はけの良い土壌が必要だと言われていま…

ロブスタ種

ロブスタ種は、19世紀の末、ペルギー人科学者エミール・ローランが、アフリカのコンゴ盆地で発見したと伝えられています。

コーヒーノキの栽培種

コーヒーノキには、数十種類以上の「種」が確認されています。 そのうち、現在、商業的に栽培されているのが、アラビカ種とロブスタ種です。 栽培に占める割合は、アラビカ種が約8割、残りの約2割がロブスタ種(カネフォラ種)で、その他に、ほんの少しだけ…

挽き具合と抽出方法の関係

焙煎コーヒー豆の挽き具合で重要なのは、Coarse(コース/粗挽き)、Medium(ミディアム/中挽き)、Fine(ファイン/細挽き)の3段階だと考えています。 カリタ ナイスカットG クラシックアイアン #61101 出版社/メーカー: Kalita (カリタ) 発売日: 2017/03/13 …

エカワの珈琲論、『焙煎について』

エカワ珈琲店がnote で有料販売している「コーヒー豆の焙煎について、このように考えています」という記事の一覧です。 記事は全て、一部分だけ無料で公開していて、残りの部分は有料で購入して頂くシステムになっています。 ご購入して頂ければ幸いです。

アラビカ種

アラビカ種は、アビシニア(エチオピア)が原産地で、古くから対岸のアラビア半島南部で栽培されていたコーヒーノキが、世界各地に移植されて、栽培地域が広がって行ったと考えられています。