珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

空きページ

布フィルター

布フィルターは、使用するたびに、毎回洗浄する必要があります。 洗浄には、冷たい水を使用します。 熱い湯を使用すると湯の力が強いので、布にコーヒーの汚れをしみ込ませる可能性があります。 布フィルターを洗浄した後は、乾かさずに水に浸して保存します…

空きページ/その1

★2017年7月14日現在、約300用語収録⇒珈琲用語(目次) ★珈琲関係の本、珈琲器具・消耗品の紹介と使い方など⇒珈琲ストアー 【PR】エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆をネコポス便でポストまで配達!!(1300円~2000円/送料・税込み) //

只今、改装中(1)

// 珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 有料記事 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

コーヒー生豆の成分と味(17)/焙煎と苦味成分

「焙煎と苦味成分」については、『エカワ珈琲店版、珈琲入門【6】コーヒーの成分と味』の中に移転掲載しています。 ekawacoffee.hateblo.jp

コーヒー生豆の成分と味(16)/コーヒーの苦味

只今、リノベーション中です。

クロロゲン酸

空きページです。クロロゲン酸については、「珈琲用語」に移転しています。

銀皮、シルバースキン

★2017年7月14日現在、約300用語収録⇒珈琲用語(目次) ★珈琲関係の本、珈琲器具・消耗品の紹介と使い方など⇒珈琲ストアー 【PR】エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆をネコポス便でポストまで配達!!(1300円~2000円/送料・税込み) //

コーヒー生豆の成分と味(15)/焙煎と味

只今、リノベーション中です。

コーヒー生豆の成分と味(14)/コーヒーの酸味

只今、イノベーション中です。

コーヒー生豆の成分と味(13)/コーヒー生豆と酸味

只今、イノベーション中です。

コーヒー生豆の成分と味(12)/コーヒーの成分(大雑把)

只今、イノベーション中です。

ティピカ(Typica)

只今、リノベーション中です。

コーヒーノキとコーヒー生豆

只今、リノベーション中です。

珈琲学入門(20世紀版)/ドリップコーヒー

【1】ハンド・ドリップ(ドリップコーヒー) 【2】抽出の仕組み 【3】蒸らし 【4】蒸らしの仕方 【5】蒸らしで注意すること 【6】蒸らしの効用 【7】蒸らし以後の注湯 【8】注湯で注意すること 【9】抽出時間と抽出成分

珈琲学入門(20世紀版)/コーヒーの抽出

珈琲学入門(20世紀版)の『コーヒーの抽出』の記事は、20世紀に発行された日本のコーヒー関係の書物を参考にさせて頂いて書いています。 喫茶店全盛時代の1980年代から、店舗数が飽和状態になって衰退を開始した1990年代の書籍を参考にしています…

珈琲学入門/コーヒー豆の粉砕と保存

【1】焙煎コーヒー豆の保存 【2】コーヒーミル 【3】微粉とチャフ 【4】コーヒー豆の挽き方

珈琲学入門(20世紀版)/コーヒー豆のブレンド

珈琲学入門(20世紀版)の『コーヒー豆のブレンド』の記事は、20世紀に発行された日本のコーヒー関係の書物を参考にさせて頂いて書いています。 ブレンドコーヒーについての記事を掲載しています。

珈琲学入門/焙煎度(焙煎のグレード)

【1】焙煎度/焙煎のグレード 【2】焙煎度(三段階) 【3】焙煎度(八段階) 【4】 焙煎度とPH 【5】シュリンケージ 【6】パフィング 【7】物理的変化 【8】焙煎コーヒー豆の色

珈琲学入門/コーヒー生豆の成分と味

(1)味のバランス (2)コーヒーの成分(大雑把に) (3)コーヒー生豆と酸味 (4)コーヒーと酸味 (5)焙煎と酸味 (6)コーヒーの苦味 (7)焙煎と苦味成分 (8)クロロゲン酸と苦味 (9)コーヒーの甘味 (10)クロロゲン酸と渋味

コーヒー生豆の成分と味(1)

(1)コーヒー生豆の成分 (2)コーヒー豆の一般成分 (3)コーヒー豆の水分 (4)コーヒー豆の資質 (5)カフェイン (6)タンニン(クロロゲン酸類) (7)トリゴネリン (8)炭水化物 (9)タンパク質 (10)灰分(無機成分)

空きページ(6)

只今、改装中です。

エカワの珈琲論、「コーヒー生豆の成分」

このページの記事は、『エカワの珈琲論、コーヒー生豆』に移動しています。

コーヒー生豆の成分と味(10)/灰分(無機成分)

只今、リノベーション中です。

コーヒー生豆の成分と味(9)/タンパク質

只今、リノベーション中です。

コーヒー生豆の成分と味(7)/トリゴネリン

只今、リノベーション中です。

空きページ(4)

// 珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 有料記事紹介 エカワ珈琲店 焙煎コーヒー豆購入

焙煎(15)/物理的変化

只今、リノベーション中です。

焙煎(24)/香りの化学反応

只今、リノベーション中です。

焙煎(23)/アロマとフレーバー

只今、リノベーション中です。

焙煎(22)/香気成分

只今、リノベーション中です。

焙煎(21)/香気の生成

只今、リノベーション中です。

焙煎(20)/フレーバープリカーサー

只今、リノベーション中です。

焙煎(18)/油脂成分とチャフ

只今、リノベーション中てす。

焙煎(16)/焙煎コーヒー豆の色

只今、リノベーション中です。

焙煎(13)/シュリンケージ

只今、リノベーション中です。

焙煎(10)/焙煎度(三段階)

只今、リノベーション中です。

焙煎(7)/焙煎の仕組み

只今、リノベーション中です。

コーヒー生豆の天敵、それは酢酸菌

重複していました。只今、リノベーション中です。

焙煎(4)/コーヒー豆の焙煎(少し科学的に)

記事内容が、あまりらも曖昧なので、記事全文を削除しました。 (2015年8月7日) 只今、リノベーション中です。

Shell(シェル/貝殻豆)

空きページ。只今、改修予定中。

パフィング

焙煎によってコーヒー豆の組織が大きく変化するのが原因で、発生する現象