珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

緑茶・紅茶・ウーロン茶

 

   

緑茶・紅茶・ウーロン茶は、その色や風味が全く異なっています。
しかし、原料は、いづれも同じでお茶の葉です。

製造段階で、お茶の葉を発酵させる工程の有無、発酵させる工程の違いによって、緑茶・紅茶・ウーロン茶という全く異なった製品ができあがるわけです。


緑茶は、お茶の葉を収穫してから、すぐに加熱して、揉捻して乾燥させるので、発酵工程の存在しない不発酵茶です。

お茶の葉を発酵させる過程で、お茶の葉に含まれているポリフェノールが酸化されて、テアフラビンやそれらの重合したテアルビジンという物質が生成されたのが、紅茶です。
紅茶浸出液が紅赤色をしている理由は、テアフラビンやテアルビジンによります。

ウーロン茶は、紅茶ほど発酵させていない半発酵茶です。
橙赤色のテアフラビンの生成量が少ないので、浸出液の色は、褐赤色になっています。