珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

味の研究の目的

美味しい食品を創り出すこと、味の研究の目的の1つがそれです。
食品は複雑な化合物の集合体で、味覚・嗅覚・食感を刺激するたくさんの食品成分で成り立っています。

生命を維持しようとすれば、食べ物を摂取しなければなりません。
そして、その食べ物が安全であることも必要です。


複雑な味や香りを脳が評価することで、美味しさを感じることができます。
生命を維持するために食べ物を摂取するのですから、生命にとって安全な食べ物は、美味しいと感じる食べ物でなければなりません。

人は、その食べ物が美味しいか不味いかを判断することで、健康を害する危険な食べ物を排除しているのですから、食べて不味いと感じる食べ物は、できれば廃棄処分するほうが安全です。

ということで、美味しさを研究するということは、生命の安全について考えるということですから、味の研究にとって、特に重要な研究だということになります。