珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

焙煎機のキャッチコピー

 

   

コーヒーを上手く焙煎しようと思えば、10年くらいの修行が必要なのだそうです。

でも、ある会社が開発・販売している高価格のコーヒー豆焙煎機を使うと、その修行期間が数ヶ月くらいに短縮されるという記事(宣伝目的の記事)を読んだことがあります。


10年修行すれば、コーヒー豆を上手く焙煎できるというのは、初耳でした。
もし、その通りだとしたら、私は、惨めすぎます。
もう、かれこれ20年近く、コーヒー豆の焙煎加工作業に従事しています。
しかし、まだまだ思うがままに、コーヒー豆を焙煎加工できるという領域には達していません。

コーヒー豆の焙煎加工作業に対して、いい加減に取り組んでいるわけではなくて、人一倍の研究と鍛錬をしているつもり何ですが、自由自在にコーヒー豆を焙煎加工できないわけです。

ということで、今までの経験から、世の中、そう簡単に物事が上手く運ぶとは、どうしても思えません。
そのようなキャッチコピーは、誇大広告の一種だと思います。

まあ、エカワ珈琲店の場合、そのようなキャッチコピーに踊らされて、高価なコーヒー豆焙煎機を購入することなど有り得えないわけです。
何故なら、マシーンがコーヒー豆を焙煎加工するのではなくて、人間がコーヒー豆を焙煎加工するのだと知っているからです。

だから、そのコーヒー豆焙煎機の半分から3分の1くらいの価格のコーヒー豆焙煎機で、コーヒー豆を美味しく焙煎加工することができるのに、わだわだ無駄なお金を費やして値段の高いコーヒー豆焙煎機を購入することなど考えられません。

何はともあれ、マシーンが焙煎加工したコーヒー豆よりも、人間が焙煎加工したコーヒー豆の方が、数段美味しくなるのは事実ですから。

コーヒー豆の焙煎機に関して、このような馬鹿馬鹿しいキャッチコピーが登場するということは、コーヒー豆焙煎のブームがやって来る前兆なのかもしれません。