珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

 

いろいろなアワ

液体の中で、一つ一つ別々に独立して浮遊しているアワを『気ホウ』と呼びます。
そして、その気ホウが、液体の表面に浮き上がってくると、『単一ホウマツ』になります。
この単一ホウマツは、下の面だけが液体に囲まれていて、それ以外の部分は、液体の薄膜で被われた状態で空気と接しています。


単一ホウマツ同士が集合して、上下左右と、お互いに接触するようになると、液体に囲まれている部分がなくなって、どのアワも薄膜だけに被われている状態になります。

このような状態のアワを、ホウマツと呼びます。
ビールのアワやコーヒーを淹れる時のアワが、このホウマツです。

微細な気ホウが、水の中でたくさん分散していて、白く濁って見える状態が、気ホウソルです。
そして、液体の薄膜で被われた、かなり大きな空気の集まりが、空気中に浮遊しているのが、シャボン玉です。