珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

ロブスタ種

ロブスタ種は、19世紀の末、ペルギー人科学者エミール・ローランが、アフリカのコンゴ盆地で発見したと伝えられています。

 

ロブスタ種は、学名「カネフォラ種ロブスタ」と命名されている品種で、コーヒーに最大の被害を及ぼす「葉さび病菌(ヘミレア)」に対する強い抵抗力を持っていると言われています。

その後、野生のロブスタ種のコーヒーノキが、ウガンダやルワンダでも発見されているようです。

 
風味、品質がアラビカ種よりも劣っていると考えられていますが、カフェインを始め、コーヒー有効成分の抽出量が多くて価格も安いので、アラビカ種とのブレンド用やインスタントコーヒーの原料として重宝されているようです。

 

以上、記事の一部分を掲載しています。記事全文は「エカワ珈琲店版、珈琲入門【1】コーヒーノキ」(note で販売中の有料記事)の中に掲載しています。

  ↓↓↓

note.mu