珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

 

栽培適地

アラビカ種やロブスタ種といったコーヒーの樹の栽培原種(品種)は、世界各地の栽培適地に移植されて、それぞれの土地の気候風土に適するように栽培方法の改良・工夫がなされています。

コーヒーノキの栽培には、肥沃な水はけの良い土壌が必要だと言われています。

 

また、年間を通じて平均した気温と降雨量、適度な日陰や冷気などの様々な条件が必要になるようです。

その条件を満たすのが、南北回帰線の間の熱帯地方で、コーヒーノキの栽培適地だと考えられています。

 

世界各地のコーヒー産地は、赤道を挟んで南・北緯25度の地帯(熱帯地域)にあります。

この地域を、コーヒーゾーンまたはコーヒーベルトと呼んでいます。

 

以上、記事の一部分を掲載しています。記事全文は「エカワ珈琲店版、珈琲入門【1】コーヒーノキ」(note で販売中の有料記事)の中に掲載しています。

  ↓↓↓

note.mu