珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

 

切干大根とコーヒー生豆の乾燥保存

光琳から出版されている、「食のどおしてに科学が答えます」に、切干ダイコンが生のダイコンよりも、煮ると美味しくなる理由についての解説が掲載されています。
それによると、切干ダイコンは乾燥することによって、いろいろな成分が濃縮されるので、味が濃くなるそうです。


生の大根には、3%くらいの糖類が含まれているそうですが、乾燥することで15~16倍に濃縮されるそうです。
それに、乾燥途中で、大根に含まれている酵素が、いろいろな物質の化学反応を促進して、独特の風味を作り出していると考えられます。
また、太陽光や空気中の酸素も、切干大根の風味形成に影響を与えていると考えられます。
 
現実に、乾燥に時間のかかる太い切干大根の方が、細い切干大根の方より、風味が強くなります。
コーヒー生豆の精製乾燥や保存において、同じような現象が起こっているとしても、不思議ではありません。

 

エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら