珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

お茶の抽出・紅茶の抽出

 

   

煎茶、玉露、紅茶と、お茶はその種類によって求める味の感覚が異なります。

煎茶は後味の良い清涼感を、玉露は口の中で拡がるまろやかなコクの感覚を、紅茶は強い渋味と香りの醸し出す爽快感を求めます。

 

そして、これらの感覚には、お茶のタンニンであるカテキン類が関係してきます。

カテキン類の溶出量が、お茶の感覚の違いに関係してくるわけです。

お茶の味の感覚は、タンニンとアミノ酸の溶出量によって違ってきます。

そして、そのタンニンとアミノ酸の溶出量は、抽出に使用する湯の温度と抽出時間によって異なります。

 

湯の温度を低くすると、タンニンの溶出量は少なくなるのですが、アミノ酸の溶出量は変わりません。

たとえば、紅茶の場合、タンニンも可溶性成分も多いほうが良いわけですから、高温度の湯を使って抽出する方が美味しくなるはずです。

 

エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら