読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

ガス焜炉の火

食品加工

火をともなう燃焼反応では、可燃性の気体と空気中の酸素が混合して、その混合気の中で燃焼が進みます。

この燃焼火炎には、2種類あります。

可燃性の気体と空気とが燃焼する前に混合されている予混火炎と、可燃性の気体と空気とが燃焼過程の中で拡散して混合していく拡散火炎の2種類です。

 

ガス焜炉の火炎は予混火炎で、ろうそくの炎や焚き火の炎は拡散火炎です。

ガス焜炉は、小さな燃料噴出口から燃料ガスを噴出させ、その時に生じる圧力低下を利用して空気を吸い込み、燃料ガスと空気が混合しながら燃焼用の開口部にいたるまでの間に混合気が形成される構造になっています。

 

火炎が、この混合気の中を伝わることによって燃焼が進むわけですが、火炎は混合気の進行方向とは逆向きに、その先端から噴出口に向って伝わります。

そして、その時、すでに燃焼した部分と、これから燃焼する部分との間に境界面(火炎面)ができます。

 

ガスバーナーの燃焼開口部の上の円錐形の青白い炎が、火炎面です。

火炎面は薄いけれども、ある厚さを持っていて、この中で化学反応が行われています。

 

この火炎面は、ふつう燃焼開口部に定着していますが、混合気の流出速度が大きかったり、また反対に小さすぎたりすると、火炎面が定着せずに火が消えてしまったり、火炎が開口部から燃料噴射口に向って逆行したりします。

これは、開口部の孔が大きすぎたりすると起こります。

 

エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら