珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

消費期限・賞味期間

劣化スピードが早くて、製造してから5日くらいで劣化してしまう食品には、消費期限ということで、年・月・日を表示します。

それ以外の食品は、賞味期間ということで、それくらいまでなら『まあまあ美味しく食べられる期間』を表示することになっています。

 

その期間が3ヶ月までなら、年・月・日を表示します。

3ヶ月以上なら、年・月の表示だけということになっています。

 

消費期間も、賞味期限も、どちらも製造者・販売者の判断で決めることになっています。

普通は、消費期間・賞味期限というものは、本当はこれくらいなら大丈夫と考えられる期間の70%~80%くらいの期間にしているはずです。

 

ですから、消費期間・賞味期限を過ぎていても、ほとんどの食品は、食べても体に異常をきたすことなど無いはずです。

しかし、これらのことは、製造者・販売者が信頼できるという前提があっての話です。

 

現在の消費期限・賞味期間表示では、消費者が自分の判断で商品を選択する基準として、少し弱いような気がします。

やはり、食品の場合、製造年月日表示が必要だと思います。

 

良い商品は『美味しくて』、劣化・腐敗した商品は『不味い』のだから、製造年月日が無くても、『食べればわかる』のですが、できれば劣化腐敗した『不味い』食べ物は食べたくないわけですから。