読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

コーヒー生豆の処理工程

コーヒーの果実とそれらの種子は、一般的に知られている焙煎されたコーヒー豆になるまでに、幾つかの処理工程を経験しています。 

コーヒーの果実を摘み取る作業ですが、労働集約型の手作業による収穫方法と機械などを使って効率的に収穫する方法が知られています。

 
伝統的な手作業による収穫は、主として成熟した果実だけを収穫しています。
効率的に収穫する方法では、成熟している果実も成熟していない果実も、人や機械によって同時に収穫されてしまいます。
 
収穫したコーヒーの果実からコーヒー豆を取り出す工程を、コーヒー豆の精製と呼びます。
コーヒー豆の精製方法として一般的に知られているのは、ドライ・プロセス法(乾燥式/アン・ウォッシュド)とウェット・プロセス法(水洗式/ウォッシュド)の2種類の精製方法です。