珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

2010年、国別コーヒー豆生産量トップ20

 

   

2010年、コーヒー豆の生産量が世界で一番多かったのがブラジルです。

2番目がベトナム、3番目がインドネシア、4番目がコロンビアと続きます。

 

アラビカ種のコーヒー豆は、ラテンアメリカ、東アフリカ、アラビア半島、アジアの各地で栽培されています。

ロブスタ種のコーヒー豆は、西アフリカの国々や中央アフリカの国々、東南アジアの国々、それにブラジルの一部の地域で育てられています。

 

それぞれの国々や地域のコーヒー豆は、風味、香り、ボディー、酸味に違いを感じることができます。

コーヒー豆の味の特徴は、コーヒーが育つ地域に影響を受けるだけではなくて、コーヒーの品種やコーヒー豆の精製処理方法によっても異なります。

 

2010年、国別コーヒー豆生産量トップ20

f:id:ekawa:20140712212446j:plain