珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

コーヒー生豆の販売 と流通

アメリカにおけるコーヒー飲料の平均的な摂取量は、北アメリカやヨーロッパの人たちの平均的な飲料水摂取量の約3分の1くらいです。 

コーヒーは、石油についで世界で最も取引されている一次産品です。

 

1998年から2000年にかけて、約670万トン(メトリックトン)のコーヒーが、毎年生産されています。 

当時、2010年までに、年間700万トンに達すると予測されていましたが、その予測は正しかったわけです。 

 

昔も今も、世界最大のコーヒー輸出国はブラジルです。

2番目のコーヒー輸出国であるベトナムは、1995年から1999年にかけて輸出を3倍にして、ロブスター種のコーヒー豆の主要な生産国となっています。 

 

インドネシアは、世界で3番目に多くのコーヒー豆を輸出している国です。

そして、アラビカ種の水洗式コーヒーについては、世界最大の生産国です。

 

コーヒー生産に適した気候と肥沃な土地に恵まれたホンジュラスの有機(オーガニック)コーヒーは、急速に成長している発展途上の商品です。