珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

コーヒーの栽培方法と環境

コーヒーの栽培方法ですが、熱帯林の木陰の下でコーヒーを栽培する伝統的な栽培方法と、熱帯林を切り開き、太陽の日差しをさえぎるものが何も無い状態でコーヒーだけを栽培する栽培方法が知られています。 

 

 松屋珈琲さんは、名古屋市の有名な焙煎卸業者さんです。松屋珈琲さんのホームロースト用コーヒー生豆価格を、エカワ珈琲店は参考にさせて頂いています。

 

熱帯林の木陰の下でコーヒーを栽培する伝統的な栽培方法を、Shade grown(シェイド・グロウン/日陰栽培農法)と呼んでいます。

1970年代になると、多くのコーヒー農園で、熱帯林を伐採して太陽の日差しを遮るものが何も無い状態でコーヒーだけを単一栽培する栽培方法が採用されて行きました。 

 

記事の一部分を掲載しています。記事の全文は、note にて有料公開している「エカワ珈琲店版、珈琲入門【2】コーヒーの栽培と収穫」に収録しています。

note.mu