珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

サン・グロウン(Sun-Grown)

 

   

熱帯の樹林を伐採した太陽光栽培式農園でコーヒーを栽培することを表現する用語。

熱帯林を切り開き、太陽の日差しをさえぎるものが何も無い状態でコーヒーだけを栽培する方法。

 

コーヒー豆の収穫量は増加しますが、生産性を上げるために熱帯林が伐採されているので、大量の化学肥料や農薬を投入する必要があります。

その結果、自然環境や生態系、野生動物や昆虫類、農園で働く人たちの健康に与える影響が問題になっています。

 

サン・グロウンコーヒー(sun grown coffee)は、商業的なコーヒー生産拡大の方法で、森林の樹木を焼き払った農地での収穫拡大を目指す栽培方法ですから、様々な問題点が指摘されています。

コーヒーの栽培適地であるコーヒーベルトと呼ばれる地域は、赤道を挟んで南北の緯度25度の熱帯雨林地帯です。

 

その熱帯雨林の森林が焼き払われて、土壌が直射日光を浴び続けると、その土壌は確実に劣化していきます。

また、熱帯雨林の森林は様々な動物の生息地でもあり、定住動物だけではなく、渡り鳥の生活拠点にもなっている。

 

熱帯雨林を維持することは渡り鳥を通じて他地域の生態系を守ることにつながります。

サン・グロウンでは化学薬品である農薬の使用量が多いので、そこで働く人たちの環境負担が高くなります。

ということで、最近は、熱帯雨林を利用してコーヒーを栽培する伝統的な農法(シェイド・グロウン)が注目を浴びています。

 

 珈琲用語(目次) 珈琲用語/さ