珈琲手帳

珈琲豆自家焙煎歴30年の珈琲おたくが綴る珈琲ウンチク帳(無料版)

インテンシティ/intensity

 

エカワ珈琲店の珈琲情報館」は、珈琲の基礎知識とエカワ珈琲店を紹介してているサイトです。ホームページ作成ソフト【Jimdo】 で作っています。

エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆は、【おちゃのこネット】 を利用して作成した手づくりサイト「エカワ珈琲店ショッピングサイト」を通じて購入して頂けます。 

 

インターネット内の辞書によると、intensity(インテンシティ)の意味は、「強さ、強度、力強さ・・・」となっています。

intensity(インテンシティ)はスポーツの世界でよく使われている言葉ですが、コーヒーの世界でも使われています。 

 

コーヒーのインテンシティは、ロースティングの度合い(焙煎の強さ)によって決定されるのだとエカワ珈琲店は解釈しています。それはボディーであり、それは苦さなのだと思います。

ekawacoffee.hateblo.jp

 

柔らかいコーヒー、マイルドなコーヒーは、インテンシティー(力強さ)が足りないということなのかもしれません。

しかし、エカワ珈琲店は、インテンシティーを強く感じるコーヒーよりも、ほのかなインテンシティーを感じるコーヒーの方が好きです。

 

お茶を飲むような感覚で、ブラックで2杯でも3杯でも飲めるコーヒーが好きです。

コーヒーのインテンシティは、コーヒーに含まれるカフェインのパーセンテージとは何の関係も無いようです。

 

マルカ 日本製 銀杏煎 豆煎器 001057

マルカ 日本製 銀杏煎 豆煎器 001057

 

 

コーヒー豆の焙煎で発生する揮発性香り成分を含んでいる蒸気やガスの強さ(ロースティングのインテンシティ)を測定することで、焙煎度合いを決定することができるとも考えられています。

シアトル系のあるコーヒーチェーンでは、フレーバーインテンシティという言葉を使って、コーヒーの風味の強度を表現しています。

 

コーヒーのローストプロファイルは、コーヒーのインテンシテイーとそのコーヒー豆がもともと持っている風味特性の組み合わせに左右されるのだと思います。

風味特性は、栽培方法、農園、生育地の地理、地勢、気候などの要因の影響を受けているのだと思います。

 

 珈琲用語(目次)  珈琲用語/い

 

ekawacoffee.hateblo.jp