珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

 

ウッディー/Woody

パーストクロップやオールドクロップなど、古くなったコーヒー豆や低い高度の生産地で育ったコーヒー豆に独特の劣化した風味を、ウッディー(Woody)という用語で表現しているのだと思います。

 

そしてまた、杉やビャクダンの森の中にいるような気分にさせるフレーバー、あるいは魅力的な香りを、ウッディー(Woody)という用語で表現することもあるみたいです。

 

古くなったコーヒーが持っている特徴的な味。

ウッディー(Woody)は、乾いた木材のような匂い、木の樽や枯れ死した木、あるいはボール紙のような匂いを持っているとされています。

 

この欠陥は、不適切な状態で長期間コーヒー豆を保管しておくことによって発生するとされています。

高度の低いところで収穫されたコーヒー豆を、気温や湿度の高い場所で保管した場合、劣化スピードが速くなるのでウッディー(Woody)なコーヒーになる可能性が高くなるとも言われています。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/う