エンタルピー

エンタルピーを日本語に直すと、「熱含量」となるのだと思います。

熱力学で用いる物理量で、物体が内部に貯えている総エネルギー(熱量の合計)で、圧力と体積との積に内部エネルギーを加えた量。 

 

物質が発熱して外部に熱を出すとエンタルピーが下がり、吸熱して外部より熱を受け取るとエンタルピーが上がる。

食品中の水1グラムあたりのエンタルピーは、それと同温・同圧下における水蒸気のエンタルピーから、食品中の水の蒸発潜熱を差し引いたものに等しい。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/え