嗅覚

においの感覚。鼻の奥にある黄褐色の嗅粘膜には嗅覚受容器とよばれる細胞があって、においを感知するはたらきをしています。

香りの分子が嗅粘膜に触れると電気信号が発生し神経につたわります。

その信号が嗅球から嗅神経を通じて脳へと送られ、においを認識します。

 

 

コーヒー おいしさの方程式

コーヒー おいしさの方程式

 

エカワ珈琲店は、旦部幸博さんの「百珈苑」というサイトに触発されて、コーヒーのウンチクサイトやウンチクブログを書き始めました。

ウンチクを書くには、コーヒーに関する様々の情報に触れて勉強する必要がありました。

「百珈苑」のおかげで、それまでとは比較にならないくらいの情報を手に入れることができました。

 

嗅覚について、「Wikipedia/嗅覚」は、次のように説明してくれています。

いわゆる「におい」や「香り」の感覚である。揮発性物質が嗅覚器の感覚細胞を化学的に刺激することで生じる感覚である ・・・・・

ヒトにおいては鼻腔の奥にある嗅細胞により電気信号に変換し、脳でそれを認識する。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/き