読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

焙煎/コーヒー豆の熱伝達

コーヒー豆の熱処理では、単一粒子での熱伝達の仕方が、多数の粒子が集合した時の熱伝達を表わす基本となっているとエカワ珈琲店は考えています。

コーヒー豆が、周囲の流体(空気)に対して静止しているなら、コーヒー豆と流体(空気)との熱伝達は伝導伝熱のみを考えればよいのだと思います。

 
コーヒー豆と流体(空気)が、お互いに動いている場合には、対流による熱伝達も考える必要があるのだと思います。

温度が高くなってくると、輻射が、コーヒー豆の熱交換や熱放射を支配するようになるのだと思います。
 

関連記事と関連有料記事

伝熱について

メイラード反応と香りの関係、コーヒーの香り(コーヒーアロマ)

エカワ珈琲店流、独学のためのコーヒー豆自家焙煎練習方法