カトゥラ/Caturra

ブラジルのミナス・ジェライス州で発見されたブルボン種の突然変異種。

比較的に生産性が高くて、速く成熟するコフィア・アラビカの新しい品種。

伝統的なアラビカ種の品種よりもさび病などの病気に対する抵抗力が強く、ブロボンに似て豆は小粒で隔年に実がなるそうです。

20年くらい前から売られているハンド焙煎器。エカワ珈琲店のお客様でも使っている人がおられます。 

 

1930年頃、ブラジルのカトゥラという町で発見されたブルボン種の突然変異種。

一般的に、枝と枝の間の距離が短くて背丈も低いので、ブルボン種よりも収率が高いとされています。

 

伝統的なアラビカ種のコーヒーノキと比較すると、病気に対する抵抗力が強くて、より生産性が高くて、より成長が早いのが特徴だとされています。

中米、南アメリカで栽培されているアラビカ種のコーヒーノキの品種。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/か