珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

可否茶館(カヒサカン/コーヒーチャカン)

可否茶館(カヒサカン)は、コーヒーチャカンとも読む日本最初の本格的な喫茶店。

1988(明治21)年4月13日、東京下谷西黒門前、御成道警察署の南隣に、鄭永慶によって開かれました。

 

約200坪の土地に建つ西洋風の2階建ての洋館で、国内や海外の新聞・雑誌・書籍の閲覧室・「サロン」・「更衣室」・「玉突台」があり、碁・将棋・詩吟・歌会もできるようになっていたそうです。

 

鄭永慶は、鹿鳴館が上流階級の紳士・淑女だけのサロンだったのに反発して、庶民大衆や学生、青年のための知識共有の場所として可否茶館(カヒサカン/コーヒーチャカン)を開業したと考えられています。

コーヒー1杯が1銭5厘、牛乳入りが2銭という価格は、当時としては高価格で、設備も、当時としては新しすぎたということで、可否茶館(カヒサカン/コーヒーチャカン)を利用するのは限られた人たちだけだったということです。

 

赤字続きの結果、明治25年(1892年)、可否茶館(カヒサカン/コーヒーチャカン)は閉店。鄭永慶は、国外(カナダ)に脱出して、その地で亡くなったと伝えられています。

 

珈琲用語(目次)  珈琲用語/か

珈琲用語/こ