珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

 

焙煎、それは経験の積み重ね

その昔、もう何年も何年も前のことですが、コーヒー関係の雑誌で、コーヒー豆を焙煎するのにも才能が必要だと解釈できるような記事を読んだことがあります。

現在の私なら、それは面白おかしい記事を書くための一種の技術的な表現、あるいはマーケティング的な表現だと理解することができますから、そういう表現は無視できます。

 

でも、純粋で何も知らなかったその頃の私は、疑う事無くコーヒー関係の雑誌の内容を100%信用していたので、そういう記事を読むと、自分に焙煎の才能があるのだろうか、もしかしたら、才能がないのではなかろうか、と真剣に悩み考えたものです。

 

 

今から思えば、バカバカしい話です。

コーヒー豆の焙煎も含めて、食品加工の技術や加工時の食品の反応(変化)は、物理的にも、化学的にも、ある程度まで解明されています。

その基礎知識さえ身につければ、あとは経験の積み重ねが物をいう世界だと、これまでの20数年の経験から断言することができます。

 

自分が頭に描いている、焙煎コーヒー豆があるとします。

どのように焙煎すれば、そのような状態になるのかを理論的にわかっていたとしても、ある程度の経験がなければ、思うように焙煎制御することができません。

 

ですから、昔からコーヒー豆の焙煎は、「奥が深い」といわれているのだと思います。

コーヒー豆の焙煎加工技術に必要なのは、才能ではなくて、経験の積み重ねだとエカワ珈琲店は確信しています。

 

考えてみれば、食品加工・調理の世界は、すべてそうなのだと思います。

 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら