珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

花王のヘルシアコーヒー

 

   

花王が発売しているトクホ指定の缶コーヒー「ヘルシアコーヒー」ですが、スーパーやコンビニを探しても見つけられずず、ドラッグストアーで購入することができました。

 

コーヒークロロゲン酸類は、体に入ってくる「脂肪」と身体にたまっている「脂肪」の両方に対して脂肪燃焼効果を発揮するとする報告があります。

花王の缶コーヒー「ヘルシアコーヒー」には、そのコーヒークロロゲン酸類が1缶に270mg含まれているとのことです。

 

コーヒー生豆には、クロロゲン酸類が比較的多量に含まれていますが、焙煎による熱処理で他の化学成分(たとえば、コーヒーメラノイジンなど)に変化してしまいます。

ですから、焙煎コーヒー豆には、焙煎の仕方にもよりますが、コーヒー生豆に含まれているのと同じクロロゲン酸類はあまり含まれていません。

 

花王のヘルシアコーヒーに含まれるクロロゲン酸類は、コーヒー生豆から抽出したクロロゲン酸類なのだと想像しています。

花王ヘルシアコーヒーに関する特許から、もしかしたら、カフェインを除去したコーヒー生豆からクロロゲン酸類を抽出している可能性もあると思います。

 

エカワ珈琲店は、コーヒー生豆抽出物であるクロロゲン酸類(粉末)の使い方を、いろいろと探っているところです。

エカワ珈琲店が手に入れることができるコーヒー生豆抽出物のクロロゲン酸類(粉末)は、東南アジア産のロブスター豆から抽出したクロロゲン酸類です。

カフェインを除去したコーヒー生豆からの抽出ではありませんから、カフェインも僅かだと思いますが一緒に抽出されています。

 

このコーヒー生豆抽出物のクロロゲン酸類(粉末)をコーヒーの粉に添加してコーヒーを淹れてみても、出来上がったコーヒー浸出液に添加して飲んでみても、添加する量にもよりますが、どちらの場合も渋味(収斂味)が口の中に長く残ってしまいます。

 

ということで、花王の「ヘルシアコーヒー」はどうなのだろうかと考えて、試してみました。

ブラック無糖のヘルシアコーヒーを購入したのですが、スッキリした味わいに仕上がっていて、他社の缶コーヒーよりも飲みやすくなっています。

 

クロロゲン酸を添加しているのですから、劣化スピードも、他社の缶コーヒーと比べれぱ、相当に緩慢なはずです。

しかし、エカワ珈琲店のコーヒーで試したときに感じた、あの渋味(収斂味)は存在していました。

コーヒー生豆抽出物のクロロゲン酸類をある一定量以上添加する限りにおいては、どうしても渋味(収斂味)は残ってしまうのかもしれません。

 

【参考】

花王 体脂肪が気になる方に 脂肪を消費しやすくする ヘルシアコーヒー

花王【ヘルシアコーヒー(1)】 クロロゲン酸で肥満改善 - 食品特許を読みあさろう