読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

コーヒーベリーボーラー/Coffee Berry Borer

コーヒーの害虫であるベリーボーラーは、成熟し始めた果実に侵入して産卵します。

そして、ふ化した幼虫は種子を食べて成長します。

ボーラーとは穴堀りのことで、ベリーボーラーは果実の穴掘り虫(甲虫類)を意味しているのだと思います。

 

f:id:ekawa:20150228094354j:plain

 

 

コーヒーベリーボーラーは、コーヒー生産者にとって、最も重要な害虫問題の一つです。

コーヒーチェリーに孔をあける、体長2ミリメートルくらいの甲虫類です。

スペイン語では、「Broca」と呼んでいます。

 

コーヒーベリーボーラーは、中央アフリカ(アンゴラ)で棲息していた害虫だと言われていますが、コーヒーノキの栽培が世界中に拡大するのにあわせて、世界中のコーヒー生産地で発生しています。

 

1920年代には、中央アフリカ以外のアフリカに、1926年にはブラジルで発生しています。

1970年代にはグァテマラ、1980年代後半にはコロンビア、1990年代にはドミニカ、2010年前後にはハワイで発生しています。

  珈琲用語(目次)  珈琲用語/こ  珈琲用語/へ