珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

コーヒーの酸味/Acidity

 

   

コーヒー豆に含まれている酸は、水に溶けると、プラスのイオンとマイナスのイオンに分れます。これを、解離と呼んでいます。

そのとき発生するプラスの水素イオンが、コーヒーを飲んだときに感じる心地よい酸味(すっぱさ)の正体なのだと思います。

 

コーヒーの酸味は、多種多様な味の酸が混ざりあって作られています。

コーヒーの酸には、コーヒー生豆に最初から含まれているクロロゲン酸、リンゴ酸、クエン酸などと、焙煎によって新たに生成するギ酸や酢酸などがあります。

 

五つの基本味の一つが、酸味(サワー)です。

複雑な味を組み立てている味覚の基本となる要素を基本味と呼んでいます。

基本味には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つの味があります。

サワー(酸味)は、その基本味の1つです。

 

そして、Acidity(アシディティー)は、「コーヒーの香味」の範囲内で酸味を表現するのに用いられている用語なのだと思います。

Acidity(アシディティー)は、一般的に、浅煎りコーヒーの香味を肯定的に表現するのに使われている用語だとエカワ珈琲店は解釈しています。

 

この記事の続きは、note にて有料販売しています。

 ↓↓↓

note.mu

 

コーヒーの味と香りに関する記事

コーヒーの苦味の感じ方と苦味について色々と・・・

コーヒーアロマ/コーヒーの香り

中煎りコーヒーの苦味の原因物質と深煎りコーヒーの苦味の原因物質

コーヒーの酸味(coffee acidity)

メイラード反応と香りの関係、コーヒーの香り(コーヒーアロマ)