珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

テイスト/Taste

 

   

テイストとは、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の基本味が混ざり合った総合的な印象感覚。

コーヒーのカッピング(テイスティング)では、アロマ(香り)、テイスト(味)、口あたりを評価しているのだと思います。

 

コーヒーのテースティング

コーヒーのテースティング

 

 エカワ珈琲店は蔵書しています。

 

コーヒーに関係してテイスト/Taste という用語を使う場合、コーヒーのカッピング(テイスティング)における味覚を表現するのに使っているのだと思います。

コーヒーのカッピングでのテイスト/Taste (味覚)は、酸味(Acidity)、苦味(Bitterness)、甘味(Sweetness)、塩味(Saltiness)、鋭い酸味(Sourness)があるのだと思います。

 

酸味(Acidity)は、発酵した酸味ではなくて、植物としてのコーヒーがもともと持っている酸味。

苦味は、主としてアルカロイド系の苦味、あるいは、クロロゲン酸ラクトンによる苦味。

 

甘味は、ショ糖の甘味と果糖の甘味。

酸味(Acidity)、苦味(Bitterness)、甘味(Sweetness)は、コーヒーにとって適切なTaste (味覚)なのだと思います。

 

塩味は、塩化ナトリウムが溶け込んでいる味で、コーヒーには不適切な味なのだと思います。

鋭い酸味(Sourness)は、酢や酢酸のように刺すような鋭い酸味で、発酵したコーヒーの香りとともに感じることがある味だと思われます。

鋭い酸味(Sourness)も、コーヒーには不適切なTaste (味覚)なのだと思います。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/て