珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

コーヒー生豆の化学成分/コーヒー生豆の脂質の中身

 

   

アラビカ種とロブスタ種、それがコーヒーノキの2大商業品種だといわれています。

アラビカ種には15~17%、ロブスタ種には10~11.5%の脂質が含まれていると考えられています。

コーヒー生豆に含まれる脂質は油滴、コーヒーオイル(油)として存在しているのだと思います。

 

コーヒー生豆に含まれている脂質ですが、その大部分は胚乳にコーヒー脂質として存在しているようです。

残りのほんの少しの脂質は、コーヒー生豆の表面を覆っているコーヒーワックスとして存在しているのだと思います。

 

 

その量は、コーヒー生豆の約0.24%くらいだといわれています。

コーヒー生豆に含まれる粗脂質の組成は、次のとおりです。

 

f:id:ekawa:20150408225747j:plain