珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

ソリュブルコーヒー(Soluble coffee)、インスタントコーヒー(Instant coffee)

ソリュブルとは、「可溶性」を意味する英語で、インスタントコーヒーと同じ意味で使われています。

お湯や水に溶けやすい粉末や顆粒になっているのが特徴です。 

 

ソリュブルとは、「可溶性」を意味する英語で、インスタントコーヒーと同じ意味で使われています。

お湯や水に溶けやすい粉末や顆粒になっているのが特徴です。

1900年前後、日本人化学者の加藤さとり博士によって、ソリュブルコーヒーの製法が考案されたと伝えられています。

 

ソリュブルコーヒー(Soluble coffee)は、コーヒー抽出液から作られる製品で、インスタントコーヒー(Instant coffee)、コーヒーパウダー(Coffee powder)とも呼ばれいます。

ソリュブルコーヒー(Soluble coffee)は、フリーズドライ/凍結乾燥(freeze drying)、あるいはスプレードライ/噴霧乾燥(spray drying)という製法で粉末化され製品となります。

 

粉末のソリュブルコーヒー(Soluble coffee)に湯を注ぐと、簡単にコーヒーが出来上がります。

粉末化したソリュブルコーヒー(Soluble coffee)だけでなくて、濃縮した液体状態のソリュブルコーヒー(Soluble coffee)も売られています。

 

ソリュブルコーヒー(Soluble coffee)には、簡単に素早くコーヒーを淹れることができて、焙煎したコーヒー豆やコーヒー粉の状態で保管するよりも体積・重量が少なくて、製品寿命も長いという利点があります。

シカゴで働いていた日本人科学者加藤さとり博士は、1901年に開催されたパンアメリカン博覧会にソリュブルコーヒー(Soluble coffee)を出品したと伝えられています。

 

全日本コーヒー公正取引協議会が定める公正競争規約では、インスタントコーヒーについて以下のように規定しています。

 この規約において「コーヒー」とは、レギュラーコーヒー及びインスタントコーヒーであって、容器又は包装に密封されたものをいう・・・

この規約において「インスタントコーヒー」とは、コーヒーいり豆から得られる抽出液を乾燥した水溶性の粉状、顆粒状その他の固形状のコーヒーをいう。

 

 珈琲用語(目次)  珈琲用語/い 

 珈琲用語/そ