珈琲用語(目次) 珈琲101 珈琲ストアー 珈琲記事販売 珈琲コラム エカワ珈琲店 ショッピング

 

コーヒー生豆の化学成分/炭水化物(糖質)

炭水化物(糖質)は、植物の光合成によって合成される有機化合物だと考えられています。

他のすべての生体物質の炭素源・エネルギー源で、タンパク質・脂質とともに三大栄養素の一つとされています。

 

コーヒー生豆に含まれている炭水化物(糖質)は、遊離糖と多糖類に大別することができるのだと思います。

遊離糖は焙煎コーヒーの褐色や香りの形成に影響を与えているとされています。

 

コーヒー生豆の成分のうち、最も多く含まれているのが炭水化物です。

その内訳ですが、遊離糖が10%弱、多糖類が50%強となっているようです。