読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

フェノールカルボン酸

珈琲の知識

一般にフェノール性水酸基を持つ有機酸を、フェノールカルボン酸と呼んでいるのだと思います。

 

f:id:ekawa:20140615111022j:plain

 

フェノールカルボン酸類には、遊離型と結合型があると考えられています。

結合型には、エステル・配糖体のように簡単に加水分解される可溶性のものと、細胞膜の多糖類と結合している不溶性のものがあるようです。

 

農作物に含まれるフェノールカルボン酸類の含量ですが、コーヒー生豆(6~7.5%)などを別にすると一般的に少なくて、0.2%程度となっています。

そして、ほとんどの場合、コーヒー酸誘導体が主成分となっています。