珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

焙煎

 

   

コーヒー生豆を火力で煎ることを、コーヒー豆の焙煎と呼んでいます。

加熱することで、無味乾燥な生豆(グリーン・ビーン)を、香り豊かな褐色のコーヒー豆に変化させることを焙煎と呼んでいます。

 

生豆からアロマ、フレーバー、などを引き出す作業が、焙煎なのだと思います。

コーヒー豆を加熱することで、化学的な成分変化を引き起こして、コーヒー独特の色や香り、それに風味が創り出されるのだと思います。

 

人為的にコーヒー豆の状態を変化させるのが焙煎作業ですが、その作業を通じて、コーヒー豆が本来持っている酸味や苦味といった成分を、必要な量に制御することができるのだと思います。

好みや用途に応じて、例えば、アイスコーヒー用やエスプレッソ用、むあるいは、アメリカンコーヒー用やマイルドコーヒー用といったように、人為的にコーヒー豆の香味を変化させることもできるのだと思います。

 

そのため、同じコーヒー生豆から、焙煎の仕方で、変化に富む風味・香りを持つ焙煎コーヒー豆が出来上がるのだと思います。

焙煎度(煎り具合)は、深煎り、中煎り、浅煎りなどと、色や味で感覚的に区別しています。

ですから、同じ焙煎コーヒー豆でも、鑑定する人によって、焙煎度が異なることもあるみたいです。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/は