読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

焙煎コーヒー豆の焙煎度について

珈琲コラム(全文掲載)

コーヒー生豆を焙煎すると、初めは薄っすらとした黄色で、それが徐々に濃さを増していき、褐色、茶褐色、茶色、黒色とコーヒー豆の色が変化して行きます。

この色の変化と並行して、香りと味も変化します。

 

このコーヒー豆の焙煎過程を分類する方法が、焙煎コーヒー豆の焙煎度なのだと思います。

大雑把に「浅煎り」・「中煎り」・「深煎り」の三段階に分類する方法や、細かく「ライトロースト」・「シナモンロースト」・「ミディアムロースト」・「ハイロースト」・「シティロースト」・「フルシティロースト」・「フレンチロースト」・「イタリアンロースト」の八段階に分類する方法が知られています。

 

 

前者は、実用性の高い焙煎度の分類方法で、その応用も含めて広く採用されている焙煎度の分類方法なのだと思います。

後者は、専門性の高い分類方法で、コーヒー豆焙煎の進行過程を説明するのに適した焙煎度の分類方法なのだと思います。

 

f:id:ekawa:20151211120436j:plain

上の写真は、1997年に発行された伊藤博さんの著書「珈琲を科学する(時事通信社)」から引用させて頂いた八段階に分類した焙煎度の写真です。

 

ライトローストは、最も浅煎りの焙煎度合でコクと香りが不足しています。

シナモンローストも相当な浅煎りで、カッピング(テイスティング)に使用されることがある焙煎度合です。

 

ミディアムローストは、1ハゼ終了ぐらいの焙煎度で、アメリカンローストとも呼ばれる焙煎度合なのだと思います。

ハイローストは中煎りで、シングルオリジンと呼ばれている数多くのスペシャリティコーヒー豆で採用されている焙煎度合です。

 

シティローストは中煎りのやや深めで、エカワ珈琲店の大好きな焙煎度合です。

フルシティローストは、2ハゼ開始時点から少しの間の煎り加減で、エカワ珈琲店の「やや深煎り」と「深煎り」が、この焙煎度合です。

 

フレンチローストとイタリアンローストは、エカワ珈琲店には未知の領域です。

エカワ珈琲店の提供する焙煎コーヒー豆は、原則として、ブラックで飲んで頂けるコーヒーを淹れることのできる焙煎コーヒー豆と決めています。

 

もっと詳しい内容は、note にて有料販売している「エカワ珈琲店の焙煎教室(1)~(2)」にて説明させて頂いているつもりです。

よろしければ、購入して読んで頂ければ幸いです。

 ↓↓↓

note.mu

note.mu

note.mu