読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

ボストン茶会事件

1773年、アメリカのボストンで発生した事件で、ボストン・ティー・パーティー事件とも呼ばれています。

1776年のアメリカ合衆国独立宣言(アメリカ革命)のきっかけとなった事件です。

この事件を契機に、アメリカ人は、紅茶の消費量を減らして、コーヒーを消費するようになったとされています。

 

アメリカ独立革命

アメリカ独立革命

 

  

ボストン茶会事件について、Wikipedia「ボストン茶会事件」は、次のように説明してくれています。

1773年12月16日に、マサチューセッツ植民地(現アメリカ合衆国マサチューセッツ州)のボストンで、イギリス本国議会の植民地政策に憤慨した植民地人の急進派が港に停泊中の貨物輸送船に侵入し、イギリス東インド会社の船荷である紅茶箱を海に投棄した事件。

アメリカ独立革命の象徴的事件の一つである。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/ほ