珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

ライトロースト

 

   

最も浅煎り。コクと香りが不足しています。テスト用ロースト。

コーヒー豆の焙煎中に、コーヒー豆の組織が膨張・破壊される音がハゼ音で、1ハゼ(First crack/ファーストクラック)と2ハゼ(Second crack/セカンドクラック)があって、ファーストクラック(1ハゼ)は、ライトローストの始まりの指標とされています。

 

 

コーヒー豆の煎り具合(焙煎度)については、大雑把に「浅煎り」・「中煎り」・「深煎り」の三段階に分類する方法や、細かく「ライトロースト」・「シナモンロースト」・「ミディアムロースト」・「ハイロースト」・「シティロースト」・「フルシティロースト」・「フレンチロースト」・「イタリアンロースト」の八段階に分類する方法が知られています。

 

ライトローストは、後者の八段階に分類する方法での、一番浅煎りの焙煎度です。

ライトローストの焙煎コーヒー豆には、そのコーヒー豆が本来持っているフレーバー(オリジナルフレーバー)が最も強く現れるとされています。

 

 珈琲用語(目次) 珈琲用語/ら