珈琲手帳

珈琲豆自家焙煎歴30年の珈琲おたくが綴る珈琲ウンチク帳

ミディアム・ロースト

コーヒー豆の焙煎度合いを専門的・マニア的に表現するときの、一つの段階の焙煎度合い。普通の煎り方。

香りが豊富で、酸味があります。中煎の焙煎度合(煎り具合)です。

シテイーロースト、アメリカンロースト、ブレックファーストローストと呼ばれている段階の煎り具合で、シュリンケージは12~14くらいです。

 

焙煎中に発生する化学反応の複雑化が始まった段階。一ハゼは終了しています。ちなみに、スペシャリティーコーヒーの一般的な煎り具合は、ミディアムローストのシティーローストと呼ばれている段階の煎り具合です。

ちなみに、 シュリンケージが12~14くらいが、コーヒー抽出液の抗酸化能力が最も高くなる焙煎度合いだと言われています。

 

焙煎コーヒー豆の表面にオイルは浮いていませんが、オイルのコーヒー豆内部での移動は始まっていると考えています。

アメリカンローストでは、コーヒー生豆本来の酸味が残っていて豆は明るい茶色をしていますが、シティーローストでは、焙煎で生成した成分がコーヒーの香味を支配するようになっていて、コーヒー豆の茶色はやや濃くなっています。

 

焙煎コーヒー豆の色は、一般的に自然な茶色で、酸味とボディーとアロマは、ライトローストりも増加しています。

一般的に、焙煎コーヒー豆の焙煎度合は、焙煎コーヒー豆の表面の色で判別します。

 

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/み