珈琲手帳

珈琲豆自家焙煎歴30年の珈琲おたくが綴る珈琲ウンチク帳

ドゥ・クリュー

18世紀、フランス領でカリブ海に浮かぶマルチニーク島に駐在していた海軍士官。
ガブリエル・マチュー・ドゥ・クリュー(1686~1774年)。

 

1706年、ジャワからオランダに送られたアラビカ種のコーヒーノキが、たった1本だけ生育して、それから育成した苗が1714年、フランスのルイ14世に贈られ、パリの植物園で育てられました。

 

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)

 

 

そのパリの植物園で育成した苗木を、自分の飲み水を苗木に分け与えるなど、苦労の末、カリブ海のマルチーク島まで運んだのが「ガブリエル・マチュー・ドゥ・クリュー」でした。

 

1723年のことです。この苗木が、ティピカ種の祖先だといわれています。

ドゥ・クリューによってマルティニク島にもたらされたコーヒーは、たちまちのうちに驚くべき生産量を記録するようになったと伝えられています。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/と