珈琲手帳

珈琲豆自家焙煎歴30年の珈琲おたくが綴る珈琲ウンチク帳(無料版)

 
 
珈琲用語(目次)  珈琲コラム  有料記事案内  珈琲101  珈琲ストアー  エカワ珈琲店 
 

簡単なコーヒー伝播史(5)、日本コーヒー伝播史

 

エカワ珈琲店の珈琲情報館」は、珈琲の基礎知識とエカワ珈琲店を紹介してているサイトです。ホームページ作成ソフト【Jimdo】 で作っています。

エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆は、【おちゃのこネット】 を利用して作成した手づくりサイト「エカワ珈琲店ショッピングサイト」を通じて購入して頂けます。 

 

f:id:ekawa:20180401145345p:plain

日本コーヒー伝播史

1700年前後の元禄の時代、長崎の出島でオランダ人たちがコーヒーを楽しんでいて、出島のオランダ商館に出入りの日本人も一緒に飲んでいたと伝えられています。

田沼意次の時代と松平定信の寛政改革の時代を幕府御家人として生きて、文人(狂歌・随筆)・食通として知られている太田蜀山人は、長崎奉行所に勤務していた1804年にオランダ船内にてコーヒーを飲んでいます。

 

その感想を、「紅毛船にてカウヒイというものを勧む、豆を黒く炒りて粉にし、白糖を和したるものなり、焦げくさくして味ふるに堪えず」と書き残しています。この記述が、日本人が初めてコーヒーの味について記した文だと言われています。

鎖国の時代、コーヒーを知っている日本人は、ごくごく少数の人たちだけだと推察できます。

 

日本人が本格的にコーヒーと出会うは、1854年、浦賀にペルーがやって来て開国されて、コーヒーの輸入が始まった1858年以降のことだと言われています。

横浜、神戸、函館、長崎などの開港地でコーヒーが飲まれるようになって、それが日本全国に広がって行ったと推察できます。

 

明治5年頃のコーヒー豆輸入量は40~45トンくらいで、明治の終わりごろでその2倍の輸入量と記録されているので、広がり方は相当にゆっくりしていたようです。

ちなみに、日本で最初の本格的な喫茶店は明治21年(1888年)4月13日、鄭永慶が東京上野西黒門町に開いた「可否茶館」ですが、赤字経営が続き、明治25年に廃業しています。経営者の鄭永慶は、多額の負債を背負ったと伝えられています。

 

簡単なコーヒー伝播史(1) コーヒーの発見伝説とコーヒー飲用の始まり

簡単なコーヒー伝播史(2) コーヒーがヨーロッパにやって来た

簡単なコーヒー伝播史(3) コーヒーの北米大陸への伝来

簡単なコーヒー伝播史(4) コーヒーノキの移植時代

簡単なコーヒー伝播史(5) 日本コーヒー伝播史