珈琲手帳

珈琲豆自家焙煎歴30年の珈琲おたくが綴る珈琲ウンチク帳(無料版)

コーヒーの抽出原理と抽出器具の型

 

エカワ珈琲店の珈琲情報館」は、珈琲の基礎知識とエカワ珈琲店を紹介してているサイトです。ホームページ作成ソフト【Jimdo】 で作っています。

エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆は、【おちゃのこネット】 を利用して作成した手づくりサイト「エカワ珈琲店ショッピングサイト」を通じて購入して頂けます。 

 

f:id:ekawa:20180529220237p:plain

焙煎コーヒー豆を粉砕して、そのコーヒーパウダー(焙煎コーヒー粉)に含まれているコーヒーの成分をお湯(水)に溶解させて、パウダーの残り滓とコーヒー成分が溶解・分散している水(湯)を分離すると、あの香ばしいコーヒーが出来上がります。

 

コーヒー成分の抽出では、焙煎コーヒー粉に含まれる水溶性成分やコロイド分散する成分が溶質で、水(お湯)が溶媒(成分を溶かしたり分散させたりする液体)です。

焙煎コーヒー粉から、水(お湯)を使ってコーヒー成分を抽出するわけですが、その抽出方法(or抽出原理)として、以下の3つの方法(or原理)が知られています。

 

(1)透過法

焙煎コーヒー粉層にお湯を貫流させてコーヒー成分を抽出する方法

(2)浸漬法

お湯に焙煎コーヒー粉を浸漬させてコーヒー成分を抽出する方法

(3)煮出し法(ボイリング法)

水(orお湯)の入っている容器の中に焙煎コーヒー粉を入れて、煮沸させてコーヒー成分を抽出する方法

 

しかし、抽出方法(抽出原理)を抽出器具の型(抽出の仕方)で分類すると、透過型(貫流型)と浸漬型の2種類になるのだと思います。

煮出し法(ボイリング法)で使う器具(or道具)は、浸漬型に分類できる抽出器具(or道具)だと考えています。