珈琲手帳

珈琲豆自家焙煎歴30年の珈琲おたくが綴る珈琲ウンチク帳(無料版)

混合焙煎

 

エカワ珈琲店の珈琲情報館」は、珈琲の基礎知識とエカワ珈琲店を紹介してているサイトです。ホームページ作成ソフト【Jimdo】 で作っています。

エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆は、【おちゃのこネット】 を利用して作成した手づくりサイト「エカワ珈琲店ショッピングサイト」を通じて購入して頂けます。 

 

何種類かの銘柄のコーヒー生豆を焙煎前に混ぜ合わせて、それを何日間か保管して、混ぜ合わせたコーヒー生豆を、お互いに馴染ませてから焙煎する方法。

大量に焙煎加工する場合や、深く焙煎加工する場合に適している焙煎方法です。

 

何種類かのコーヒー生豆銘柄を混ぜ合わせて、それを何日間か保管すると、コーヒー生豆の水分含量は平均化するかもしれませんが、コーヒー生豆に含まれている成分組成や成分含量が変化するわけでは無いと考えています。

例えば、アラビカ種のコーヒー生豆とロブスタ種のコーヒー生豆とでは、コーヒー生豆に含まれているクロロゲン酸類やカフェインの含量が異なります。

 

カフェインはコーヒーの苦味に、クロロゲン酸類はコーヒーの苦味や渋みに関係して来るので、焙煎の進行具合で「苦味」の質が変わってきます。

コーヒー生豆の密度ですが、コーヒー生豆の栽培地や生育条件によって異なってきます。ですから、産地が違えば、栽培地の標高が異なれば、コーヒー生豆の密度は違ってきます。

 

例えば、ブラジル産のコーヒー生豆とコロンビア産のコーヒー生豆とでは、コーヒー生豆内の密度が相当に異なっています。密度が異なれば、焙煎の進行具合も異なってきます。

そのような理由から、浅煎りや中煎りのコーヒー豆を焙煎する場合、混合焙煎だと相当な困難が発生する可能性があると考えています。

 

混合焙煎は、ある程度の焙煎経験がなければ難しい焙煎方法だとエカワ珈琲店は考えています。しかし、エカワ珈琲店の場合、焙煎コーヒー豆の鮮度を優先するという理由で、ブレンドコーヒーでは混合焙煎を採用しています。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/こ