エカワ珈琲店の珈琲用語集

エカワ珈琲店の独断と偏見で用語選定して、独断と偏見で記述している珈琲用語集

 

コーヒー炭素病(コーヒーベリー病)/Coffee Berry Disease

コーヒーの果実の病気であるコーヒー炭そ病は、1920年、ケニアで最初に発見されました。

 コレトトリクム・コフェアヌム(Colletotrichum Coffeanum)という伝染力の強い菌によって引き起こされるコーヒーの果実の病気です。

 

コーヒーノキで発生するコレトトリクム属のうち、Coffeanum(コフェアヌム)だけがコーヒー炭そ病を引き起こします。

f:id:ekawa:20140102104455j:plain

上の写真はplant  wise/Empowering farmers, powering research - delivering improved food securityより引用させて頂いています。

 

菌はコーヒーの樹皮に入り込んで、コーヒーチェリーを攻撃する胞子を生産します。

発育段階のどの段階においても感染するのですが、開花してから4~14週の段階で感染する確率が最も高くなります。

 

コーヒーベリー病(コーヒー炭そ病)の予防には、カブタホールや銅殺菌剤の噴霧散布が有効だとする研究報告があります。

ケニアのハイブリッドコーヒーであるルイル11は、コーヒー炭そ病とコーヒー葉さび病の両方に抵抗力を持つ品種です。

 

➡➡珈琲用語(目次)  ➡➡珈琲用語/「こ」

 

【参考】

Coffeeresearch.org/Coffee Berry Disease

Colletotrichum coffeanum by Stephen A. Ferreira at the U. of Hawaii at Manoa