エカワ珈琲店の珈琲用語集

エカワ珈琲店の独断と偏見で用語選定して、独断と偏見で記述している珈琲用語集

 

コーヒー飲料

コーヒー生豆とは、アカネ科のコーヒーノキの果実(コーヒーチェリー)から果肉や薄皮を除去する工程、『コーヒー生豆の精製工程』を経て取り出されたコーヒーの種子です。また、カフェインを除去したコーヒー生豆のように、精製工程にプラスして、その他の加工処理がされているコーヒーの種子もコーヒー生豆と呼びます。

 

そして、そのコーヒー生豆を加熱して煎りあげる焙煎工程を経た後のコーヒー豆を、焙煎コーヒー豆(orレギュラーコーヒー豆)と呼んでいます。

コーヒー独特の香りや味、ようするにコーヒーの香味成分は、コーヒー豆の焙煎によって生成します。ちなみに、コーヒー豆を焙煎する焙煎方式には、熱風式・半熱風式・直火式などの方式が知られています。

 

 

 そして、焙煎コーヒー豆(orレギュラーコーヒー豆)を粉砕したコーヒーの粉に、熱湯や水(抽出原液)を加えて、濾布や濾紙などの濾材を使って抽出濾過した抽出液が、焙煎コーヒー豆抽出物入りのコーヒー飲料ということになります。

 

コーヒー飲料は嗜好飲料として広く普及していて、インスタントコーヒーであっても、レギュラーコーヒーであっても、コーミルクコーヒーであっても、全てのコーヒー飲料は焙煎コーヒー豆抽出物を配合して作られています。

コーヒー飲料の香味(or風味)には苦味、甘味、酸味、ボディ感、コク、雑味などが混じりあっていて、これら香味(or風味)は焙煎コーヒー豆抽出物の製造に使用するコーヒー生豆の種類や焙煎方法によって変わって来ます。