珈琲のウンチク

年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ウンチク、珈琲ウンチク雑記帳

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

エカワ珈琲店の独断と偏見による『コーヒー豆焙煎中に発生する化学反応/その3』(案内版です)

コーヒーノキになる果実から種子を採取して、精製乾燥して小石のように堅くなったコーヒー生豆は、保管や輸送に便利です。しかし、利用するには、熱の力が必要になります。それが、焙煎という作業です。

コーヒー豆の焙煎は、魔法のような作業です。コーヒー生豆に含まれているコーヒー成分は300種類くらいですが、焙煎したコーヒー豆には1000種類くらいの成分が含まれているわけですから。

f:id:ekawa:20200830091846j:plain

コーヒー豆の焙煎は、焙煎中に発生する物理・化学反応に支配されています。

note に投稿(有料)している『コーヒー豆焙煎中に発生する化学反応/その3』では、以下の項目について、年老いた珈琲豆焙煎屋の独断と偏見による解説を掲載しています。

 

(1)コーヒー豆の変化プロセス

(2)焙煎プロセスと化学変化

(3)コーヒーの2つの主な化学物質、それは多糖類と脂質

(4)コーヒーと化学の関係

(5)コーヒー豆焙煎プロセス

(6)コーヒー豆焙煎理論

(7)コーヒー豆焙煎中の化学物理反応

(8)フレーバープリカーサー | コーヒーフレーバーの前駆物質

 

ダイジェスト版(無料)は、年老いた珈琲豆焙煎屋のブログ・エカワ珈琲店の独断と偏見、『コーヒー豆焙煎中に発生する基本的な化学反応/その3』で読んで頂けます。

www.ekawacoffee.work

 

有料の正規版は、note にて300円で販売しています。また、note にて1000円で販売している年老いた珈琲豆焙煎屋のコーヒー豆焙煎覚書(第1集)にも収録しています。 

note.com

note.com