江川珈琲店の珈琲用語集

エカワ珈琲店の独断と偏見で用語選定して、独断と偏見で記述している珈琲用語集

 

オリゴ糖(少糖類)

オリゴ糖は単糖が数個結合した糖で、単糖の結合数によって、二糖からおよそ十糖まである少糖の総称なのだそうです。

自然界に存在する主なオリゴ糖として、二糖類のスクロース(ショ糖)・マルトース(麦芽糖)・ラクトース(乳糖)、三糖類のラフィノース、四糖類のスタキオースがよく知られています。

 

グルコース2分子からなるオリゴ糖がマルトース、グルコースとフルクトースから成る糖がスクロース(ショ糖)です。

オリゴ糖は単糖が脱水縮合して連なった(グリコシド結合を形成した)糖です。オリゴ糖の場合、分子の大きさが大きいほど甘味度が減少するといわれています。

 

珈琲用語(目次) 珈琲用語/お