珈琲コンパス

年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ウンチク、珈琲ウンチク雑記帳

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

ハゼ(クラック)

コーヒー豆の焙煎中に、コーヒー豆の組織が膨張・破壊される音がハゼ音なのだと思います。

1ハゼ(First crack/ファーストクラック)と2ハゼ(Second crack/セカンドクラック)があります。

 

ファーストクラック(1ハゼ)は、ライトローストの始まりの指標とされていて、コーヒー豆から大量の水分が蒸発して、その時の圧力でコーヒー豆が膨らみ、コーヒー豆の組織が脆くなって行く過程で発生する細胞壁の破壊音だと考えられているようです。

 

ファーストクラック(1ハゼ)は「パチパチ」という強い響きを持つ音ですが、ファーストクラック(1ハゼ)終了後、しばらくしてから始まるセカンドクラック(2ハゼ)は、「ピチピチ」という弱い響きを持つ音です。

 

セカンドクラック(2ハゼ)は弱い響きを持つ音ですが、ファーストクラック(1ハゼ)のように断続的な音ではなくて、連続的に聞こえてくる音です。

1ハゼも2ハゼも、コーヒー豆の細胞壁が破壊される音だと言われていますが、破壊される細胞壁の部分が違っているのだと推測しています。