珈琲のウンチク

年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ウンチク、珈琲ウンチク雑記帳

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

プレミックス焙煎(混合焙煎)

ヨーロッパやアメリカでは、おそらく日本でもそうなのだと思いますが、中型や大型のコーヒー豆焙煎機でコーヒー豆を焙煎する場合、何種類かの銘柄のコーヒー生豆を焙煎前に混ぜ合わせて、それを何日間か保管して、混ぜ合わせたコーヒー生豆を、お互いに水分含量を馴染ませてから焙煎する方法を採用しているのだと思います。

このブレンド方法を、プレミックス焙煎(混合焙煎)と呼んでいます。大量に焙煎する場合や、深く焙煎する場合に適した方法です。 

 

 

年老いた珈琲豆焙煎屋は、高齢の夫婦2人だけで零細生業パパママ経営の自家焙煎コーヒー豆小売専門店を営んでいます。

生業商売の小規模な自家焙煎コーヒー豆小売専門店ですから、自家焙煎コーヒー豆のブレンドについては、プレミックス焙煎(混合焙煎)ではなくて、アフターミックス焙煎(単品焙煎)のブレンド法を採用しています。

 

スペシャリティー系統のコーヒー生豆を使って自家焙煎しているわけですから、アフターミックス焙煎(単品焙煎)のブレンド法を採用するのは当然のことなのですが、アイスコーヒーやエスプレッソコーヒーを作るのにも使って頂ける『深味のブレンド』だけは、プレミックス焙煎(混合焙煎)のブレンド法を採用しています。

苦味成分を多くするために、少しだけロブスター豆を混ぜていますが、大半はスペシャリティーコーヒー系統のコーヒー豆を混合しています。

 

年老いた珈琲豆焙煎屋夫婦が営んでいる自家焙煎コーヒー豆小売専門店の売れ筋は、「中煎り」と「中深煎り」の自家焙煎コーヒー豆で、「深煎り」の自家焙煎コーヒー豆は、なかなか売れません。売れなければ古くなってしまって処分しなければなりません。その結果、コスト的に割に合わなくなってしまいます。

ということで、できるだけ損失を少なくするためにプレミックス焙煎(混合焙煎)のブレンド法を採用しています。

 

プレミックス焙煎(混合焙煎)についての詳しい説明は、note にエントリーしている『アフターミックス焙煎とプレミックス焙煎 | 焙煎コーヒー豆のブレンド』で読んで頂けます。

note.com