珈琲のウンチク

年老いた珈琲豆焙煎屋の珈琲ウンチク、珈琲ウンチク雑記帳

エカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆、アマゾンで好評販売中!!

ネコポス便でセット商品をポストまでお届け

ネコポス便でシングルオリジンをポストまで

 

インテンシティ/intensity

インターネット内の辞書によると、intensity(インテンシティ)の意味は、「強さ、強度、力強さ・・・」となっています。

intensity(インテンシティ)はスポーツの世界でよく使われている言葉ですが、コーヒーの世界でも使われています。 

 

 

コーヒーのインテンシティ(intensity)

コーヒーのインテンシティ(intensity)は、焙煎の程度、コク、苦味によって決まると考えられます。特に、コーヒーのインテンシティは、ロースティングの度合い(焙煎の強さ)によって決定されるとエカワ珈琲店は解釈しています。

それはボディーであり、それは苦さなのだと思います。

ekawacoffee.hateblo.jp

 

コーヒーの力強さとコーヒーの好み

柔らかいコーヒー、マイルドなコーヒーは、インテンシティー(力強さ)が足りないということなのかもしれません。しかし、エカワ珈琲店は、インテンシティーを強く感じるコーヒーよりも、ほのかなインテンシティーを感じるコーヒーの方が好きです。

お茶を飲むような感覚で、ブラックで2杯でも3杯でも飲めるコーヒーが好きです。

コーヒーのインテンシティは、コーヒーに含まれるカフェインのパーセンテージとは何の関係も無いようです。

 

 

様々なコーヒーのインテンシティー 

コーヒー豆の焙煎で発生する揮発性香り成分を含んでいる蒸気やガスの強さ(ロースティングのインテンシティ)を測定することで、焙煎度合いを決定することができるとも考えられています。

シアトル系のあるコーヒーチェーンでは、フレーバーインテンシティという言葉を使って、コーヒーの風味の強度を表現しているようです。

濃厚なコーヒーが力強いインテンシティーを持っているのだとすると、焙煎コーヒー豆の煎り具合にプラスして、コーヒーを淹れるのに使う水の量もコーヒーのインテンシティーに影響を与えると考えています。

全くの想像ですが、コーヒーのインテンシティーという用語ですが、エスプレッソコーヒーでよく使われている用語のような気がします。

 

コーヒーのインテンシティーと焙煎プロファイル 

コーヒーのローストプロファイルは、コーヒーのインテンシテイーとそのコーヒー豆がもともと持っている風味特性の組み合わせに左右されるのだと思います。

風味特性は、栽培方法、農園、生育地の地理、地勢、気候などの要因の影響を受けているのだと思います。

 f:id:ekawa:20190905135223j:plain

 

コーヒーインテンシティーのレベル

エスプレッソコーヒーは、ボディー(orコク)のバランスと風味の豊かさ、そして、アロマの強さに依存していると言われています。

丸みのあるボディーを持っていて、風味が豊かで、豊潤な香りを持つエスプレッソコーヒーが、力強いインテンシティーを持つコーヒーだとすると、繊細な風味と軽いボディーのコーヒーは、インテンシティーの弱いコーヒーとなります。

風味が豊かでバランスの取れたボディーを持つコーヒーは、中くらいのインテンシティーを持つコーヒー、

 

【PR】コーヒー豆焙煎に関係する有料記事(noteで販売している)紹介

ekawacoffee.hateblo.jp

ekawacoffee.hateblo.jp